マルベリーブログ

「広兼邸」 =松竹映画「八つ墓村」


吹屋ふるさと村を散策し
フルートの山野智子さんと造形作家のマルタ・モンカーダさんの
「ジョイント」展示とコンサートを満喫し、後は最後の目的地に
 
吹屋ふるさと村と言えば、絶対に外せない
同年代の方なら一度は観たこと有るのでは
横溝 正史の1977年の松竹映画「八つ墓村」で最後に炎上してしまう建物
「広兼邸」に直行!

銅山で繁栄していた時にお城を模して建てられた「広兼邸」

ヤバ!!
「広兼邸」の駐車場に着くと同時に五時を知らせる音楽が!!
でもせっかく来たのだからと、坂道を登り正門へ

「もう終わりましたか?」「ハイ」チュコット受付のご婦人と立ち話。
その時「せっかく遠くから来られたんだから、どうぞ」と
ラッキー!!

思い掛けない、普段は聞けない話も沢山お話して下さって、とても楽しく、有意義な時間を過ごさせて頂きました。

お家の玄関や室内や土間のあちらこちらに「ぼたんの花」活けられてて
尚一層、雰囲気が醸し出して良いですねと言うと

毎年、吹屋ふるさと村「広兼邸」花めぐりと言う催し物が有るのだそうですが
たまたま今日迄「ぼたん」の催し物が有ったそうです。
これまたラッキー!!

写真では解るかどうか疑問ですが、斜面の中腹に色図いたエリアが解りますかね?
今年、植えられたそうですが
来年、沢山咲いたら、皆さんにお見せ出来たり、お分け出来たらと思ってますと言ってられました。
来年が楽しみですね!!

「広兼邸」の事を詳しく案内しているサイトが有りましたので
リンクして置きました。
一度、映画「八つ墓村」を観て尋ねて見ると、感動も違うかも。

吹屋 ふるさと村 広兼邸 ↓
http://www.youtube.com/watch?v=xJ3Ke9EmuZU
マルベリー 2013年05月27日(月) No.2861

No. PASS