マルベリーブログ

中国からの小さな生徒さん。


昨日、森上先生の大人の生徒さんのT田さんの紹介で
現在は中国でピアノを習ってる子供さんが
短期間なのですが日本に居る間もピアノを休みたくないので
レッスンをお願いできますかとの事で。

昨日、紹介者のT田さんと5歳の尚男君とお母さん、お婆さん
と4人で教室にいらっしゃいました。

お父さんが日本の方で、お母さんが中国の方
語学など、小さい頃に身に付ける事が大切なので
今は、中国のご尊父の元で尚男君は生活をしているそうです。

中国でのピアノのレッスン時はお婆さんがご一緒されてるそうで
今日はお婆さんもご一緒に

尚男君は昨年9月にピアノを始めたそうです。
お婆さんの中国語をお母さんが日本語に通訳を
音楽は世界共通、話が進みます。

尚男君も殆んど日本語は喋れないそうですが

大人が今までもレッスン経過をお話している時には
片言の日本語で愛想を振り撒く、頭の良い、可愛い子供らしさを持ち合わせた男の子。

尚男君はピアノが大好きで、自分から毎日1時間の練習を欠かさずされているそうです。

体験レッスンに入り、今、レッスンしてる所を弾きはじめると
昨年の9月から習い始めて10ケ月なのにバイエルはもう終わり次のステップに
ハノンのされてるそうで。
ピアノを弾くポーズもしっかりと決まり、なかなかのレベル!!

尚男君、日本語の壁が有って少し大変かも解りませんが
日本でのレッスン、森上先生の思い出を沢山作って下さいね!
そしてレベルUPして帰って下さいね!

マルベリー 2013年06月07日(金) No.2868