マルベリーブログ

「Found」フランス・ヨーロッパアンティーク家具・雑貨


先月、全国をご夫婦で回られて
全国で一番安全で住みやすく、食べ物が美味しいからと
東京から岡山に永住して来られた、近藤さん一家。

先月、息子さんがマルベリーのピアノの生徒さんに
そして今月はお母さんもピアノの生徒さんに。

そんな近藤さんご夫妻が教室の近くで、お店を6月23日にオープン!

近藤さんご夫妻が「Found」フランス・ヨーロッパアンティーク家具・雑貨のお店をオープンさせました。

今回、ゆっくりとお邪魔させていただき刺激をいただいて来ました。

プレオープン時にお邪魔した時になんと珍しいルイヴィトンのスツールが有り
凄く刺激的で気に成ってたのを思い出し
オーナーの近藤さんにそのルイヴィトンのスツールの事をお聞きすると
「売れちゃいました。」と返事が!
やはり、思うことは誰も同じ!
服屋さんが買って帰られたそうです。
きっとあの素敵なルイヴィトンのスツールが似合うお洒落な服屋さんだろうな!

凄くセンスの良いフランス・ヨーロッパのアンティークのエスプリいっぱいの商品が展示されててお洒落なお店!
奥さんのセンスの良い観葉植物が一段と雰囲気をアップさせ、グレードアップ!

東京のお店「Found」を岡山に持って来てのオープン!!

岡山県岡山市北区今7丁目6−20
086-250-8102
備前西市から徒歩約18分-

かなりのハイレベルで楽しくなれます。
以前からのお客さん達も、京都・大阪・神戸と関西エリアのお客さんが足を運んで来られてるそうです。

お店関係のお客さんが多いと思いますが、一般の私達でも楽しめますし、センスの勉強にも成りますし、お洒落な気分を味わえる事、違いなし!

年に二回程、フランス・ヨーロッパに買い付けに行かれるそうです。
そんな近藤さんご夫妻、お話も楽しく、センスもGOODです。

中国地方にはなかなか無いフランス・ヨーロッパアンティークのかなり大きな展示スペースのあるお店です。
素敵な商品も種類も豊富なお店です。
フランス・ヨーロッパアンティークのエスプリタップリの家具・雑貨に囲まれた「Found」!
皆さん、一度、足を運んで見て下さい!
期待を裏切られませんよ(^O^)

ただしお店は週末の金・土・日曜日のみ。
平日は前持っての予約が必要ですので、気を付けて下さいね。(^O^)

「Found」オフィシャルページ↓
http://www.foundltd.com/blog/

「Found」facebook ↓
http://ja-jp.facebook.com/pages/Found/265255343578427
マルベリー 2014年06月29日(日) No.2981

七夕


先日、教室に七夕の笹が登場しました。
毎年、生徒さん方の夢や希望を書かれた短冊でいっぱいに成ります。

今日は沢山、生徒さんが来られる前に教室に寄りましたら
先生方が7月27日のマルベリーコンサートに向けての練習中。

クラリネットの槙原先生と伴奏のピアノの山本先生
小さなお客様も一緒に(^O^)
槙原先生の子供さん、愛想の良い子供さんで、教室の人気者です。

ピアノの森上先生はレッスン。
レッスンの空いた時間に立ち話を。
なんと森上先生の息子さん、ジュニアのゴルフ西日本大会が
15ケ所で開催され、全国大会への出場権者
35人中14番目て出場権を獲得したそうて、ちかじか彦根で全国大会が開催されるそうです。
頑張ってほしいです!!

先生方も空いた時間に短冊に願い事を。

まだ短冊を書かれて無い生徒さん
教室に来た時には、願い事書いて笹に結び付けて下さいね。
皆さんの願い事、叶うと嬉しいですね(^O^)
マルベリー 2014年06月27日(金) No.2980

井倉洞


昨日、新見に用事で出掛け、近くに井倉洞が有ると聞いたので
寄り道をする事にしました。
午後3時を過ぎている事も有り、観光客も疎らで
「おやじ」を連れて素晴らしい景観を観ながら
河川敷やお土産屋さんを散策。

今は閉店してますが、展望露天風呂や旅館の後が
賑わってた時の名残があちこちに!

少し進むと川沿いに昔にタイムスリップ出来る一画が!
「水明観光」このエリアは営業してると言うか、お店は空いてるいるのですが⁈
「千と千尋の神隠し」の最初の場面を思わせるエリアが(^O^)
なになに、このエリア❗️

メチャお勧め!私は友達と盛り上がりました(^O^)
これは貴重ですね!

今は食事は出来ないそうですか、鮎の塩焼きを売ってました。
建物内にも色々と観光地ならではの観る所が!
私達には大ウケで楽しいひと時でした。

せっかく来たのだから、我々も井倉洞の洞内散策に(^O^)
鍾乳洞の中は涼しく風が洞内を吹き抜け快適!
洞内は本当の自然のアトラクション!狭い階段を進んで行くと
途中に色々と名付けられた、何万年もの時を経た自然の作品があちこちに!
頭を打ちそうに成ったり、肩を打ったりと凄く刺激的な体験をさせていただき、40分間、楽しい時間を過ごしました。
大人も子供も楽しめる事間違いなし!

皆さん、これからの時期、涼しい井倉洞の鍾乳洞アトラクションに
是非、足を運んで下さい(^O^)

井倉洞のオフィシャルページ↓
http://www1.ocn.ne.jp/~ikurado/


井倉洞を出て駐車場に行く途中に
「猪のバター焼き」の看板に友達が興味深々(^O^)。
いただくことに!
民芸茶屋(郷土料理専門店)
http://nttbj.itp.ne.jp/0867752336/index.html

お店の営業時間は終わっていたのですが、ご主人が私達の為にお土産用の「猪のバター焼き」を作って下さいました。
井倉洞の嬉しい思い出が増えました。

お土産用の「猪のバター焼き」が出来るまでお店のオーナーさんにお話をお聞きしました。

沢山の観光客で賑わった施設の旧跡が?
閉館になってる、展望露天風呂、旅館などの看板が有ったり
「水明観光」面白い「千と千尋の神隠し」エリアなどで食事が出来ないのかを。

オーナーさんの話しで納得!!
岡山自動車道が出来た事で、素通りに成ったそうです。
それと10数年前に洪水で川がはんらんして
地下の厨房が水没したそうで、料理をお出し出来なくなり
お客さんが激減したそうです。
オーナーさんのお店以外は、観光バスで来られるお客さん専用の施設だったそうです。

お土産用の「猪のバター焼き」が出来上がり!
「メスのイノシシの肉だから、柔らかくて美味しいですよ」と
お店の敷地内にはマスの釣り堀が有ったり
8月は素麺流しが有ったりで夏休みには家族連れで賑わうそうです。
冬は雪が降り結構寒いそうですが、常連さん達がイノシシの牡丹鍋の予約で沢山、訪ねて来られるそうです。

こんな笑い話も。
洞窟内の温度が一年を通して12〜13なので、冬には洞内が暖かいのでアベックがなかなか出て来なくてと(^O^)
私達は8月に友達を誘って「素麺流し」に寄させて頂きますと約束してご主人とお別れ。

「有難うございました。」「猪のバター焼き」美味しかったです!!

井倉洞の画像はTwitterに沢山UPしてます。
マルベリーのTwitter アドレス ↓
http://www.mulberry-music.com/index.html
2014年06月23日(月) No.2979

楽しいご縁。


先日、遊プラザ(テニススクール)の生徒さんがヴァイオリンの中村創先生の生徒さんに。
私も遊プラザにお世話になって十数年、何かとご縁を感じます。
先日、入会されたヴァイオリンの生徒さん、Sさんもその一人です。
遊プラザに置かせて頂いてる「音楽教室マルベリー」のチラシを見て下さったそうです。

お話をすると共通点も色々と有り、レッスン終了後、立ち話に花を咲かせてしまいました。
色々とご事情が有り五年間、テニスとヴァイオリンを休まれてたそうで
これから色々と復帰されるそうでず。頑張って下さいね!!
Sさん、ご自宅で「おやじ」と同じシュナウザーを飼われてるようで
「おやじ」もご覧のとうり、遊んでもらって、大喜び!!

マルベリーの生徒さんの中にも遊プラザの卒業生や、教室に置いて有るチラシを見て、遊プラザテニスクラブに入会する生徒さんも。
ご縁って有りますよね!!

生徒さんの中にはジュニアの時期に遊プラザに所属してて活躍してた生徒さんや
現在、試合に出場いて優勝もしばしばの生徒さんも!!

彼らに協力していただいて、マルベリーテニスクラブ作って
皆でテニス楽しめてら良いですよね!!
実現するかも、又報告しますね。

そうそう、先週、倉敷のクッキージャーで伊藤神奈子レコ発企画
「Knock me Knoko you」第1弾のCD発売イベントを成功させた
伊藤神奈子さんも十年くらい前に遊プラザで知り合いになりマレベリーに!
今はギターの藤川先生にギター・歌に加え作詞・作曲と勉強中!
今回の初のCDの5曲も全てオリジナル曲だそうです。

藤川先生もアレンジで参加され、教室の防音室で友達の生徒さんがPAで協力!
夢が一つずつ叶って行って、成長が短で見えて楽しいです。

ご縁が有り、皆さん成長して、楽しい話題を沢山聞かせて頂き楽しいです。
マルベリー 2014年06月20日(金) No.2978

ウィーン合唱団のご報告


先日、私がお世話に成っているテニススクール(遊プラザ)の
コーチからウィーン少年合唱団のチケットを頂きました。
私には予定が有り無理!
教室の生徒さんで行かれる方がいらしたらと教室へ持参。
丁度その時にIさんが!
Iさんはヴァイオリンを、息子さんはピアノで、親子でマルベリーの生徒さん。

ウィーン少年合唱団のお話をしましたら「行きたいと思ってたんですと」とお言葉が!!
そのIさんから今日メールを頂きました。

昨日、おかげさまで、ウィーン少年合唱団の”天使の歌声”を存分に楽しませていただきました。

特に後半は、ヨーロッパ各国の曲(ハンガリー、ロシア、ウクライナ、トルコ、スペインetc)のオンパレードから
日本語での曲(ひこうき雲、ふるさと、花は咲く)へとどんどん盛り上がっていきました。

アンコールには「待ってました!」とばかり
“アナと雪の女王”テーマ曲”LetIt Go”まで飛び出して最高潮へ。

曲目によって隊列を変えたり、楽器伴奏(打楽器、アコーディオンなど)が入ったり
さまざまにアレンジがされていて、バリエーション豊かに飽きさせない工夫を感じました。

例えばメンバー数人が2階両サイドの客席にも上がり、ステージと掛け合いで歌うところは
まるで森の小鳥たちがあちこちの木々でさえずり合っているようでした。

また、少年メンバーが慣れない日本語で一曲ずつ曲紹介するサービスもあり
そのたびに会場にはあたたかい拍手がおこっていました。

昨日は家族3人で行ったのですが、息子の感想は「さすが“音楽の国”から来た人たちだった。
指揮者が(ピアノ伴奏だけでなく)チェロも弾いたりしてすごい。
(指揮者が)一番ノリノリだったみたい」〜確かにそう見えました。

ここだけの話ですが、息子は前半ほとんど眠っていたのです。
でも、後半から持ち直し、最後には指揮者と一緒に腕を振って自分もノリノリで指揮をしていました。

美しい歌声に包まれて、私自身、日頃の生活の垢にまみれた心が清められたようなひとときでした。


追伸、親子での楽しい思い出が出来たようで良かったですね。
   。o@(^-^)@o。ニコッ♪




マルベリー 2014年06月03日(火) No.2977